事業・活動案内


活動の様子

活動内容

非営利活動

  1. 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
  2. 社会教育の推進を図る活動
  3. 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
  4. 子どもの健全育成を図る活動
  5. 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動

事業案内

非営利活動に係る事業

  1. 水中運動普及事業
  2. 水中運動指導員養成事業
  3. 水中運動・水泳指導事業
  4. スポーツ及びスポーツ指導員に関する情報提供・情報交換事業
  5. 健康増進運動普及活動事業

グアム合宿報告

期日   2016年3月9日~13日

場所   グアム  レオパレスリゾートIMGP1411

目的   選手競技力向上

日程   3月9日  8:30 成田空港集合  10:45 出発

15:35 グアム空港着 出国手続き2時間15分かかり当日の練習出来ず

19:30 夕食   20:30 ミーティング ビリヤードゲームでリラックス

3月10日 6:00 起床 日本時間より1時間早い為外は暗い 7:00朝食

9:00~11:30 練習(50m2レーン)

長水路、外環境になれること

安定した泳ぎを心掛けること

メインメニュー  50×3×8-35”セットレスト1’

50×3×7-40”セットレスト1’   ・・・どちらか

200×5-4’

100×10-2’  ・・・のどちらか

12:00 昼食  食事は全てバイキン グ形式

選手の食事の偏りを警戒

14:30 ウエイトトレーニング

15:30~18:00 練習(50m2レーン)

スプリント能力向上

メインメニュー  S100×1-2’ フォーム

KD/S50×4-1’30” KD→前半25m全力キック

S→後半25mイージースイム

PD/S50×4-1’30” PD→前半25m全力プル

S→後半25mイージースイム

D/S50×4-1’30”  D→前半25m全力スイム

S→後半25mイージースイム

SD25×2

SD50×4  フォームにも注意してダッシュ

18:30 夕食

19:30 ボーリング  2ゲームはいらなかった。

3月11日 6:30 起床

6:45 朝食

8:00~9:30  練習(50m2レーン)

気持ちよく遊びに行こう

メインメニュー  200×5-4’又は100×10-2’

ハードに泳ぐ

10:00 バスでビーチに

11:00 ビーチ着  きれいな海を満喫  12:00 昼食 ステーキ!IMGP1376

14:30 ショッピング

16:00 帰りのバスに乗り込む

17:00~19:00 練習(50m2レーン)

遊んだあとは気を引き締めよう

メインメニュー S50×8-1’ 1E1H

S50×6-1’15” 1E1H

S50×4-1’30” 1E1H

S50×2-1’45” H

S50×1   オールアウト!

19:30 夕食   そのあとは自由行動 早く寝ること

3月12日 6:30 起床

6:45 朝食

8:00~10:30  練習(50m2レーン)

目標タイムを設定し、クリアしよう

メインメニュー S100×1-2’30” H  200mの者もいる

S100×1-2’ E

S50×2-1’30” H

S100×1-2’ E

S50×2-1’30” H

S100×4-2’ フォームチェック

S50×8-1’30” H

12:00 昼食

15:00 ドライランド

15:30~18:00  練習(50m2レーン)

有酸素解糖系+無酸素解糖系

メインメニュー S100×10-2’ H

S50×8-1’30” H

18:30 夕食

20:00 ダーツゲーム    明日は最終日!荷物整理

3月13日 6:30 起床

6:45 朝食

8:00~10:00  練習(50m2レーン) グアムのtunamiチーム(飯島コーチ)

2名参加(ジャガー・ジミー)

気持ちよく帰ろう

メインメニュー  50×3×8-35”セットレスト1’

50×3×7-40”セットレスト1’   ・・・どちらか

リレーダッシュ 100×1

50×1

速かったね ジャガー17才!

頑張ったね ジミー13才!

11:30 昼食

14:00 バス ホテル発 空港へ

17:10 グアム発  19:55 成田着

22:30 帰宅

 

7月6日 マザーズホームの良い子とアクアムーブメント

山梨県富士吉田市にあるマザーズホームに通う子供たちとアクアムーブメントをしてきました。Microsoft Word – マザーズホーム報告書2015年7月6日

6月30日重度障がい者のアクアムーブメント報告

7月2日版 富士ニュースにも掲載されました
Microsoft Word – 2015でらーとアクアムーブメント報告書

平成24年度川崎市多摩スポーツセンター水泳指導事業報告

急に桜も満開になりました。5月の陽気になったり2月に戻ったりと、春は気まぐれ!皆さんも体調に気をつけてください。またこの時季は花粉症で辛い方も多いことと思います。私も目は真っ赤で鼻づまり!本当は外に出たいけど閉じこもり気味です。
さて、平成24年度川崎市多摩スポーツセンターの水泳指導事業も春の短期教室を残すのみです。今年度は、昨年度より年間教室参加者が23.3%増加しました。これも、指導スタッフの努力の結果だと思っています。イベントは知的障害者のアクアムーブメント(荒井講師)、水中エクササイズ(宇野講師)、コンディショニング&アクアエキササイズ(八木香講師)の3つを定期的に行い、少しずつ参加者数を伸ばしています。来期も皆さんの協力のもと定期的に行っていきたいと考えています。

上井草スポーツセンターでの知的障害児のアクアムーブメント 

日時:  平成25年3月10日(日) 午後12時45分~13時55分

場所:  杉並区上井草スポーツセンター
     〒167-0023 東京都杉並区上井草3-34-1
          ☎03-3390-5707

参加者: 杉並区及び近隣地区在住の知的障害児15名    

目的:  杉並区上井草スポーツセンターに障害児のアクアムーブメントの定着

内容:  アクアムーブメント(荒井講師のリード)
      12:00   スタッフミーティング
      12:30   更衣
      12:45   準備体操
      13:00   集団でつなぎ遊び
      13:10   フープ 潜り 電車ごっこ
      13:20   ボール 
      13:30   キックボード 頭に乗せてバランス 板キック 背面キック
      13:40   泳ぎにつなげるムーブメント
      13:55   終了

感想:  2年前は東日本大震災で中止になりました。瞼を閉じると、今もその時の映像が鮮明に浮かび上がります。今年は3月なのに5月の暖かさでした。子供たちも元気に集まり、荒井講師を中心に、予定通りにアクアムーブメントが進行しました。初めての参加者が5名いましたが、10分経った頃には打ち解けてきました。指導スタッフもベテランが多く、その中に11月に上井草スポーツセンターで行われた指導者養成講習会受講者で新しく指導員仲間に入った3名も加わり、楽しそうに指導をしていました。ボランティア2名に上井草スポーツセンタースタッフも加わり安全管理も十分です。その中で、浅い箇所ではテーマに沿って、深い場所では指導員の個性を出して、子供たちに接していました。アクアムーブメントの特徴は、集団としての動きの中に個人としてのテーマを絡ませることにあります。動きや、言葉、外部環境に楽しさをにじませ、子供たちの社会性、協調性を成長させながら、運動を引き出していきます。泳げるようになることはその次のこととして、水環境に子供たちが興味を持つように組まれています。今回のアクアムーブメントはその意味でも良い流れで行えました。参加者とスタッフの皆さんの笑顔が沢山見られました。

                                                        報告 理事長

菅平スキー・キャンプ報告

平成24年12月25日~28日

参加者:小学生37名

指導員:スキー指導・生活指導含めて7名

小学生3年生~6年生の総勢37名が、12月25日から28日の3泊4日で、長野県菅平方言スキー場で楽しんできました。

全く初めてのちびっこなど“足まえ”に合わせたグループ分けで、それぞれが大いに楽しんできました。

特に、初級班は、2日目からリフトに乗り3日目には2つのゲレンデを制覇!するほどの

頑張りをみせてくれました。

上級班は、菅平のゲレンデ全てに挑戦し、スキーの楽しみを満喫することができました。

初めて参加した4年生(女子)のおたより

『スキー教室では、お世話になりありがとうございました。また、今年もぜひ参加したいです。スキーがとても楽しかったので、また、やりたいと思います』

 

有難うございます。

 

また来年もやりましょう!レッツスキー!

2012年7月2日、9月3日マザーズホームの良い子とアクアムーブメント

日時:   平成24年7月2日 午前9時30分から10時30分

場所:   ブルーアース富士河口湖(町営)25mプール  富士河口湖町船津5540     Tel 0555-24-0570

内容:   障がいを持ったマザーズホームに通う子供とその卒園児に楽しく水中運動を体験してもらう

9時00分   会場集合

9時15分   紹介と説明

9時30分   プールに入る

抱っこ水中歩行→集団で大きな流れ→ランダムな動きで個別チェック →カラフルなボールがプ-ルに入ります→アクアヌードルでお馬さん、電車ごっこ→みんなでゆっくり水中歩行

10時25分  ジャグジーで暖まろう

目的:   障がいを持った子供たちが楽しく水中運動を行うことで、心身の活動の活性化をはかる。親子のスキンシップをはかる。他の日に家族で楽しくプールに入るきっかけをつくる。

参加者:    17組

指導員:    5名

ボランティア: 4名(マザーズホームの先生)

感想:

今回は荒井講師が都合がつかず参加できませんでした。全体のリードを小暮指導員が行い、他の指導員が補助をしていくことで進行しました。時間や内容については変化を加えず、慣れた方法で進めることとしました。

初めの挨拶時に、プール利用上の注意事項と水中の体の移動の仕方を説明し、シャワーを浴びてプールサイドに集合しました。腰かけキックで水慣れしてお母さんからプールに入り子供を前抱きにして右回りで移動開始。フロアーのある浅いところと無い深いところでの位置になれたところで、上下・左右前後のゆすりと回転を動き に加え、次第に水流をつくり、その流れの中で運動をしていきました。カラーボールは中盤に投入し、カラフルな水面の中で歌に合わせリズミカルに背浮き、付し浮き、キック等の運動を行い、カラーボールを集めた後、浮き棒を入れて、お馬さんごっこ、電車ごっこ、橋くぐりなどで、潜れる子供たちは潜りながら動きました。入水50分を過ぎた頃、ジャグジーに移動し体を温め、おしゃべりをして終了しました。

今回も保護者の方々と、反省会を兼ね食事会をしました。保護者の方々からご自分の体調管理について、質問があり、指導員からいろいろと経験を踏まえたアドバイスが出ていました。子どもたちも慣れてきた子もいて、継続の意義を感じた一日でした。初めて荒井講師が参加できないで行いましたが、小暮指導員を中心に他の指導員も細心の注意で指導していただき、楽しく行うことが出来ました。保育園の先生方のご協力も円滑に進行してく上で非常に助かっています。

日時:     平成24年9月3日 午前9時30分から10時30分

場所、時間配分、目的は前回と同じ

参加者:    14組

指導員:    6名

ボランティア: 3名(マザーズホームの先生)

感想:

今回は14組の参加でした、風邪をひいたりで体調の悪いお子さんが多かったようです。

前回参加できなかった荒井講師も張り切って参加です。前回指導していただいた指導員も全員参加、指導員が子供たちの笑顔につられています。

手順は、慣れてきても同じに踏んでいきます。子どもたちも慣れてきました。早くプールに入りたいようですが、入る前の注意事項はしっかり聞いて、怪我の無いように楽しく遊びましょう。

プールサイドから入水の時はお母さんから入ります。不安なお子さんには胸と胸を付け安心感を与えてください。子どもの発達段階は一人一人違います。感覚運動の発達は?言語発達は?知覚発達は?そして情緒の発達はそれぞれのテーマを見つけながら生活していきましょう。このアクアムーブメントはその手段の一つです。子どもたちと楽しみながら発達を見極め正確なアプローチをしていきましょう。7月と大きく変わらないプログラム進行ですが、荒井講師のもと皆が安心して楽しんでいるようです。来年もまた来ます。